トップ » つるがきらめき友学舎

つるがきらめき友学舎

「つるがきらめき友学舎」は、敦賀市内在住の60歳以上の方を対象とした学び舎事業です。
2015年4月現在、7期生が活動中です(活動の様子はブログで紹介しております)

つるがきらめき友学舎 開学の目的
人生80年という時代を迎え、明るく豊かな人生を送るためには、
・心身ともに健康であること
・やりがい・生きがいを持つこと
・分かり合える仲間を持つこと
この3つが必要でないかと考え、

『ゆったり、ゆっくり あなたのペースに合わせ、仲間と共に一年かけて体験・学習しましょう』

を活動のテーマとして据え、平成21年4月16日、つるがきらめき友学舎を開学いたしました。

どんな活動をしているの?
月に2回、約20名程度の学生が仲間とともに授業を受けています。授業内容は、パソコン学習以外にNPO法人が提供する講座を受講しています。
  • 身体づくり
  • 地域を知る活動
  • 市民活動について
  • 異世代との交流活動
その他に、学級活動として様々なイベントを開催しています。
  • ハイキング
  • 研修旅行
  • そば打ち体験
  • 調理実習 など
一日の活動の流れ
午前10時~11時10分まで パソコン講習
午前11時20分~午後12時20分 身体づくり
午後12時20分~午後1時20分 昼食・休憩
午後1時30分~午後3時 パソコン講習

運営母体
敦賀市内で活動するNPO7団体(当法人を含む)が「つるがNPOネットワーク」を組織し、運営しています。
※平成21年~平成24年3月まで、つるがNPOネットワークと敦賀市が「つるがきらめき友学舎協働推進会」を形成し、相互推進型の協働を目指して活動しておりました。

つるがNPOネットワークに所属するNPO団体

つるがきらめき友学舎を卒業したあとは・・・
「つるがきらめき友学舎」は1年間の学び舎事業です。ということは3月には「卒業」を迎えます。卒業後、学生の中で有志が集まり「会」を結成される流れが出来上がっています。
これは主催団体として、本当に喜ばしいことで、それぞれの「会」が、会長を中心に自分たちならではの「学び」を作り上げていきます。当法人は、「会」と協働することで、お互いの力を活かしあい、活動を続けています。

2015年4月現在活動の様子はブログで紹介しています。各会のブログは「リンク集」にあります。

このページの先頭へ